貿易について

貿易とは 貿易の種類 貿易用語 リンク集

貿易には種類があります。
まずは直接貿易という用語があるのはご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

略して直貿と言ったりもしますが、直接貿易とは輸入車と輸出者が直接貿易をすることをいいます。 仲介者を経由しないやり方です。字を読むと知らない方でもなんとなくイメージはつくかと思います。

そしてもう一つは、間接貿易という用語があります。
これは略して間貿といいますが間接貿易とは直接貿易と違って、仲介者をとおして貿易を行うことをいいます。

間接貿易も字を読めばイメージがつきますよね。
それぞれ特徴がちがいますが、直接貿易の詳細としては間接貿易で間に入る仲介を自分で行うので自分が取引先である海外に交渉をしにいき、契約まで自分で行うというのが直接貿易の内容になります。

ですので、貿易で発生するリスクやメリットも全て自分に返ってくるのです。
直接交渉や契約を結ぶという点では大きなリスクも同時に背負うわけですが、仲介者がはいらないことによって、市場のニーズや状況などをすぐにキャッチできるという利点はあるようです。

自分の感触や目で確かめられると言うことですね。
関節貿易の内容としては仲介者が入りますので、直接貿易と違ってリスクが少ないと言えるようです。

負担は仲介者にいくわけですからね。
ですから商品の開発や本来の自分の事業に専念できるというメリットは間接貿易にはあるようですね。
どちらが良いかは自分次第ですが、それぞれのメリットなど把握した上での取引をすると良いでしょう。

Copyright (C) 貿易とは. All Rights Reserved.